2023SSシーズンカタログ同梱中(数に限りがございます) 税込1万円以上お買上げで国内送料無料 フェローズストア☎03-6303-4933



BLOG — ミリタリー

定番ベイカーパンツを語りたい Part.3

投稿者 : 白水健寛 on

では、我らが定番【PUPT1】の細部を見ていきます。 まずジッパーフライの前開きとウエストサイズ設定は中期型に倣う一方、初期型に見られるボタンアジャスターを備え、簡易的なベルトレスにも対応しています。 また、オリジナル同様にセンターループもオフセット。 もちろん前身頃の貼り付けポケットや両サイドの巻き縫いシームなど象徴的なディテールワークはそのままに、シルエットをすっきりとシャープに絞ることでよりモダンな印象へと昇華しました。 さらにデニムやタイガーストライプなどローカルメイドを思わせるバリエーションも加え、今や各国で愛されるスタンダードモデルとなっているのです。   PUPT1Price: 15,400yenSize: 28,30,32,34,36Material: Cotton100%Color: Olive, Denim, Tiger Stripe, Navy, Camouflage

続きを読む →


定番ベイカーパンツを語りたい Part.2

投稿者 : 白水健寛 on

1960年代に入ると多くのミリタリーガーメンツと同様に、ユーティリティトラウザーズにも大きくわけて2回のマイナーチェンジが施されました。 ©California Military Department Historical Collection まず1964年には、それまでS、M、L表記だった簡易サイジングが見直され、W32×L30といった実寸サイズが主流となるとともにウエストアジャスターを撤廃。さらに一部の例外を除いては前開きがボタンフライからジッパーフライに変更されました。 徴兵制の廃止とともに事実上志願制となった1975年には、ポリエステル混素材を採用した「デュラブルプレス」、つまりは当時の民生品と同様にノンアイロンを謳った制式名「OG-507」にその座を譲っています。 ©Digital-Commonwealth 一方でお役御免となった前任OG-107は民生市場へと大量流出し、わずか数ドルという優れたコスパから、皮肉にも反戦運動の急先鋒だった初期バックパッカーやオリジナルヒッピーたちに再評価されているのです。 ©SuperTopo ©Leena Krohn Part.1でも触れたようにフェローズの【PUPT1】も、あくまでOG-507以前、当時のヘビーデューティ第一世代にも愛された100%コットンサテン仕様の初期型と中期型にインスパイアされています。 (つづく)

続きを読む →


定番ベイカーパンツを語りたい Part.1

投稿者 : 白水健寛 on

こんにちは。フェローズストアの中の人です。今回は通称ベイカーパンツこと定番ユーティリティパンツ【PUPT1】について少々語らせていただきます。 その名(パン職人)の由来には諸説あるようですが、いずれにせよベイカーパンツは海外ではほとんど通用しない和製通称だと言われています。他国ではユーティリティパンツやファティーグパンツなどが一般的であり、制式名は「OG-107 ユーティリティトラウザーズ」。いわゆるコンバットユニフォームではなく、あくまでマルチパーパスなワークトラウザーとして1952年にアメリカ陸軍によって開発・官給されています。 ©alcalde ベースカラーのオリーブグリーン(OG)と陸軍仕様のカラーコードから107と名付けられ、前身モデル「M1947 HBTトラウザーズ」のデザインをほぼそのまま受け継ぎながらも、素材を重厚なヘリンボーンツイルからより軽量かつ大量生産可能なコットンサテンに刷新。 マイナーチェンジモデルも合わせると、じつに30年以上も継続採用された傑作モデルのひとつです。1970年以降は薄手のコットンポプリンやポリエステル混などイレギュラーな個体も見て取れますが、フェローズの【PUPT1】では1960年代初頭までに見られた初期型のディテールワークと1964年以降の通称中期型の利便性をあえてミックスしています。 (つづく)

続きを読む →


都市に忍ぶBDU Part.2

投稿者 : 白水健寛 on

そんな数ある都市型迷彩の中でも一際異彩を放っているのが、もはや複雑な迷彩パターンさえ必要としない漆黒のBDUです。 Public Domain 通称ブラックBDUの主な目的には「夜間作戦用」、「対象へのショックエフェクト」など諸説ありますが、各軍ではSRT(Special Reaction Team)、警察や法執行機関ではSWATなどの特殊部隊で一部採用されています。そんなブラックBDUをよりタウンユースにアップデートしたのが【22S-PBDU-BLK】です。 リップストップシェルをボタンダウンシャツなどでお馴染みのオックスフォードコットンに置き換え、さらにウォッシュ加工を施すことで無骨な印象を軽減させるとともにシャツやカットソーといったデイリーウェアとの親和性を向上させました。DIYで簡単に補修できるシンプルさを前提に開発されたオリジナル同様、フロントの各ポケットにはボタン式のフラップを備え、強度を求められる肘部分にもダブルエルボーを採用しています。 一方、オリジナルでもあまり使われることがなかったと伝えられる背面のサイズ調整用アジャスターはあえて排除し、カバーオールやシャツジャケット感覚で使えるよう簡素化を図りました。都市生活者に向け、より現代的に進化したフェローズ流BDUをぜひお試しください。22S-PBDU-BLKPrice: 29,480yenSize: S, M, L, XL, XXLMaterial: Cotton 100%Color: Black

続きを読む →


都市に忍ぶBDU Part.1

投稿者 : 白水健寛 on

お久しぶりです。フェローズストアの中の人です。今回は今シーズンのライトアウターの中から黒いファティーグジャケット【22S-PBDU-BLK】をフィーチャーします。 BDUことバトルドレスユニフォームは、1980年代初頭から2000年代半ばにかけてアメリカ全軍で採用された戦闘作業服を指しています。 Public Domain 中でも通称ウッドランドカモフラージュと呼ばれる陸軍仕様のものが広く知られていますが、ジャケット、パンツともに同型をベースとしつつ各軍・各隊の用途に合わせて様々な迷彩パターンが採用されました。 Public Domain 特に1990年以降は戦地の環境が都市部へと移り変わったことに起因し、通称ティーパターンカモフラージュに代表される多くの「都市型迷彩」が開発されています。(つづく)  

続きを読む →